2018.11 IPO(新規公開株)投資運用成績 当たらないIPOに投資価値はあるか?

2018.11 IPO(新規公開株)投資運用成績 当たらないIPOに投資価値はあるか?

2018年11月のIPO投資運用実績

ガイルです。今月のIPO投資の運用結果を公開。

申し込みは野村證券、SBI証券、大和証券、日興SMBC証券、みずほ証券から行う

10月の当選及び繰り上げ当選はなし

10月と11月はIPOの案件がそこまで多くなく、残念ながら当選はなしでした

補欠当選が2件あったのですが、そちらも繰り上げ当選はありませんでした

この一年でおよそ、80件のIPO案件がありそれぞれ3口座から申し込んでいるので240件の申し込みを行って当選は1件で、補欠当選が10回ほどありすべて繰り上げ当選にはならずという結果です

IPOの当選確率は1%以下という結果です

IPO投資に価値はあるか?

毎日IPOの申し込みできる証券会社を確認して、資金を入金して、申し込みをしてという時間と手間暇をかけてもほとんど当選はできません

月に10時間IPO投資のために時間を使うとして、年間で120時間くらいの時間をかけて当選したのは一件だけ

結果だけ見ると時間の無駄って感じです

ですが当選した一件は、10万円を超す利益をだせています

時給換算すると、1000円くらいになる計算です

このように計算すれば、IPO投資って悪くないですね

当選すればほぼほぼ値上がりが期待できるので損をする確率が低いという点も投資する観点から考えると非常に魅力的です

費用対効果で言えばそこまで悪くないのかな?という印象です

SBI証券のIPOチャレンジポイントは145P保有中

IPOの当選を補助してくれるSBI証券のIPOチャレンジポイントも145Pが貯まりました

100Pも使えばそこそこのIPOに当選が可能です

いつ使うか?

SBI証券がIPOの主幹事で当選すれば10万くらいの利益が期待できそうなIPOの申し込みに使用しようと思っていたのですが

ちょうど12月11日に上場予定の7044のピアラという銘柄がSBI証券が主幹事で当選後の利益が期待できそうなので

IPOチャレンジポイントを100Pくらい使ってみようと思います

ポイントも持っているだけではどうにもならないですからね?

利益が出せるチャンスならどんどんと使用していこうと思います

IPO(新規公開株)投資運用成績カテゴリの最新記事