2018.10 IPO(新規公開株)投資運用成績

2018.10 IPO(新規公開株)投資運用成績

2018年10月のIPO投資運用実績

ガイルです。今月のIPO投資の運用結果を公開。

申し込みは野村證券、SBI証券、大和証券、日興SMBC証券、みずほ証券から行う

3496アズームは補欠当選は当選ならず

先月みずほ証券で補欠当選した

3496 アズーム (東証マザーズ)

は繰り上げ当選ならずでした

過去4件ほど補欠当選したのですが繰り上げ当選はなかったです

さすがに当選したのに購入しないという人はほとんどいないようです

NYダウと日経平均が大暴落

先日はNYダウと日経平均が1000円近い下落を記録しています

ニュースでは大暴落だと騒いでいますがパーセントで考えると3%~4%ほどの下落ですから

まあ大したことないですね

ただ、当選すればほぼ利益確定といっても過言ではないIPO投資において相場の地合いというのはすごい大事です

過去リーマンショックのあった年だけIPOのリターンがマイナスだったそうです

せっかく当選しても上場日に大暴落とかがあったら利益が目減りしてしまいます

まあ当選していないので捕らぬ狸の皮算用ですが、IPO投資において相場の地合いというのは大切になります

SBI証券のIPOチャレンジポイントは142P保有中

さて使うことでIPOの当選を補助してくれるSBI証券のIPOチャレンジポイントも142Pが貯まりました

100Pも使えばそこそこのIPOに当選が可能です

いつ使うか?

悩むところですがSBIが主幹事で当選枚数が多くて、当選すれば10万円以上の利益が期待できそうなIPOの申し込み時に使用する予定を立てています

10月と11月はIPOがあまりないので使うチャンスがなさそうですが、機会があれば使っていこうと思います

IPO(新規公開株)投資運用成績カテゴリの最新記事