確定拠出年金(イデコ)の積み立て先は低コストの海外株式と日本株式が中心!

確定拠出年金(イデコ)の積み立て先は低コストの海外株式と日本株式が中心!

確定拠出年金(イデコ)の積立先

僕は、楽天証券でイデコを積み立てているのですが、運用方針として、低コストのインデックス型での運用を行っています。

たわら先進国株式   投資割合 40%
たわら先進国債券   投資割合 30%
三井住友DC積立NISA  投資割合 30%

年間手数料は0.17%~0.24%ほど

始めたばかりのころはリートなどの不動産系や後進国の株式なども投資先に入れていたのですが手数料が1%以上かかる投資信託が多かったため積立先を変更し低コスト主体にしました。

積立割合は今後変更あるかもしれませんが、特にこだわりを持っているのは手数料は0.3%以下であることと長期投資のため日本・中国・韓国は少子高齢化が進んでいるので、アジア系への投資よりも、世界経済への投資配分を多めにすることを考えています。

特にアメリカは人口ピラミッドもきれいな三角形で今後も労働人口が増えていくことが期待されています。さらにアマゾンやマイクロソフト、アップルなどといった世界的に有名な企業を有しており今後も成長が期待できます。

経済には波がありますが毎月の購入によって高値掴みのリスクを抑えて経済の成長に合わせた利益の上乗せが期待できます

確定拠出年金(イデコ)運用成績カテゴリの最新記事