悲しいけど人は見た目で判断するものだから

悲しいけど人は見た目で判断するものだから

身だしなみを磨く

ガイルです。

僕は身長が178センチで、過去にMAXで95kg体重があったのですがその時の周りの評価と

痩せて74kgほどになった今とでは同じ仕事をした時でも評価が全然違うなあと感じることがあります

太っていたころは同じ仕事をしていてもなんかトロいとか遅いとかそんな印象を与えてしまうようでよく怒られていましたね

「なんで同じ仕事してんのに見た目でこんな評価されなきゃいけないんだよ?」

とはっきり言って不快でしたが

それも社会人として生活するうえで見た目が人に与える印象というものがあるのでしょうがないなあとあきらめました

どの世界でもそうだと思いますが自分と周りの意見が同じであるという保証はないんですよね

そんな時に周りを非難してもしょうがありませんので自分を変えなければいけません

悲しいかな人間というのは見た目や所有しているもので評価をされてしまいます

出世してお金を稼ぎたいと望むのなら見た目や所有するもの、清潔感といったものは大切にしなければいけません

郷に入れば郷に従わなければいけません

僕もある程度その場にあった身だしなみを心がけてみんなが知っているレベルのブランド品などは購入することもあります

ブランド品を身に着ける効力

人間的に全く魅力がない人でも

高級ブランドに身を包みフェラーリやポルシェに乗っているのなら

周りは「あいつはできるやつだ」という評価を与えることが多々あります

そういうのがあるから高価なブランド品が売れるんでしょうけど

周りから評価を受けたいと思うのなら高級品を身に着けることは

一定の効果があると思います

周りに合わせるのは大切だが結局自分が一番大事

ただ今回僕が一番言いたいのはブランド品を買って社会人として周りの評価を上げようということではなく

周りの評価を気にするのは大事ですが一番大事なのは自分だということです

僕は周りの評価には興味がありません

車も持ってないしメーカーやブランドの車などもわかりません

高いものを身に着けているからといって興味がわかないような人の

評価が上がるということは僕はありません

だから僕は周りの評価を気にして身の丈以上の高い買い物をして首が回らなくなることは絶対にありません

なぜなら自分が一番大事だからです

僕も周りの目と自分の価値観との間でバランスをとって身だしなみやブランド品の購入などを行っていますが

しかし僕にとって一番大事なのはお金を貯めて将来に楽をすることです

見栄のためにお金を使ってその分将来仕事をしなければいけなくなったり

自由を奪われることのほうが僕には耐えられません

だったら多少みじめでも早く自由を勝ち取れる生活を取ります

そのために僕は無駄な出費を抑えつつ周りとの折り合いを取っています

もちろんそういう周りの評価を得たい、ちやほやされたい、自慢したいという人も一定数いると思いますのでそういう方ならそれにお金をかけるのは全然ありだと僕は思っています

しかしブランド品や高級品は確かに周りの評価をあげる上で一定の効力がありますが、気をつけなければすさまじい額の散財をしてしまうということです

購入することによって得られる効力と価格とのバランスをしっかりと考えないと20代でまったく貯金ができなかった僕のようになってしまいます。

お金についてカテゴリの最新記事